ホルモンバランスと脱毛の関係とは?

脱毛とホルモンバランスはあまり関係ないように思われがちですが、実は深い関係があり脱毛効果にも影響しています。今回はホルモンバランスとムダ毛、脱毛の関係についてご紹介します。

 

脱毛とホルモンバランスの関係

女性の体にも微量の男性ホルモンが分泌されていて、女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが整っているのが「ホルモンバランスが良い」状態です。ホルモンバランスが生活環境、食生活、ストレスなどの影響を受けやすく、ちょっとしたことですぐにバランスが乱れがちです。また、生理周期がはっきりしない思春期や妊娠・授乳中は特にホルモンバランスが不安定です。
男性ホルモンには体毛を濃くする働きがあり、ホルモンバランスが乱れている時はムダ毛が濃くなったりヒゲのような太い毛が生えてくることがあります。また、妊娠中はお腹の赤ちゃんを守るために体毛が濃くなることもあります。

 

ホルモンバランスが乱れていると脱毛効果が出にくい

男性ホルモンが優位な状態だと、ムダ毛の濃く太くなっているためなかなか思ったように脱毛効果が出にくくなります。ストレスや睡眠不足がある時は、脱毛に通いながら生活習慣の見直しもしてみてくださいね。
また、既に脱毛が完了している方も、妊娠・出産でムダ毛が復活する可能性があります。と言うのも、エステサロンのフラッシュ脱毛は肌の表面に見えているムダ毛にしか効果がなく、年単位で休止期に入っているムダ毛には効果がないからです。その毛根がホルモンバランスの乱れによって活性化すると、まるでムダ毛が復活したように見えます。

 

未成年は生理周期が安定しないと効果が出にくい

「生理周期が安定している16歳以上」を施術出来る年齢とし設定している脱毛サロンが多いのも、生理周期が安定していないとホルモンバランスが乱れやすいのと関係があります。また、成長期の場合は成長ホルモンが脱毛効果を弱めてしまう可能性があるからです。
早いうちから脱毛を始めるのは良いことですが、まだ生理周期が安定しないうちは部分的な脱毛にとどめて、全身脱毛など大金がかかるコースは契約しない方が良いでしょう。

 

生理中に脱毛ができないのはホルモンバランスのせい

脱毛サロンのほとんどが生理中の施術をお断りしています。生理中はホルモンバランスが通常とは違う状態で肌も不安定になり、いつもより刺激に敏感だったり乾燥しやすくなっています。フラッシュ脱毛は光の熱を利用した脱毛方法で、肌が乾燥していると熱が広範囲に伝わりやすくなってヤケドや肌荒れなどのトラブルにつながりやすいです。

おすすめもみあげ脱毛サロンランキング

脱毛ラボ 顔・うなじを含む全身22ヶ所

【期間限定キャンペーン】

脱毛ラボ

TBC フェイス・5脱毛ファーストプラン

フェイシャル

TBC

銀座カラー デリケートチョイス

銀座カラー 脱毛キャンペーン

銀座カラー